◆防災ネットワークプランが目指すもの


「防災ネットワークプラン」は安全や防災、人づくり・まちづくり・環境づくりに関する計画を総合的な形で提供していく

「防災コンサルティング」の事務所です。

 地震などの災害や不慮の事故によって失われる命。この命の多くは、ほんの少しの知識や情報で助かっていたものです。 この知識や情報は、教訓として残され、これをもとに、いろいろな防災対策が進められています。

 しかし、この対策が、災害時に最大の効果を発揮するには、対策を作る側と実践する側の相互理解が重要なポイントになるのです。

 そのためには、防災対策のノウハウを伝えるだけでなく、私たち、ひとり一人が主体的に防災対策に取り組む意味も伝えていくことが大切です。

 また、防災という視点を通して、都市で生活する上での課題を整理し、その土地に住んでいる人と一緒に「住まい方」を考えて行くネットワークが必要だと考えます。

 日頃の地域のネットワークが災害時に有効に機能したという、阪神・淡路大震災の教訓もあります。

 これまでの防災という枠をひろげ、「より良く生きるための防災」を作り出し、一人ひとりが主体的に防災対策に取り組み始めたとき、一人ひとりの「防災ネットワーク」が確立すると考えます。

 「防災ネットワークプラン」は、防災に関する知識や情報を伝え、守りたいものを守ることの出来る、人づくり、環境づくりを実践し、総合的な防災対策を提供することによって、「防災ネットワーク」づくりに貢献し、わたしたちがより良く生きる環境を創り出すことを目指します。

 みなさんは、地震に対してどのくらい関心を持っていますか? 地震の準備はどのくらいしていますか?


まもりたいもの

 

 
 
 
© 防災ネットワークプラン